良薬口に苦し

 

元気が出ない時ってありますよね。

そんな時にいいよと薦められたのが、『白井田七』というサプリメントです。

なんか変な名前だなあと思ったし、高価なものなので、こんなの誰が飲むんだと思っていましたが、知れば知るほど、田七人参がとてもいものだと知りました。

まず、白井田七というのは、白井さんという人が、大変な思いをして中国で田七人参を栽培したことでで来たものです。

 

なので、中国産ながら、品質に心配なく買えるものなのです。

中国産の野菜や薬は怖くて買えないですが、この白井田七だけは安全安心な漢方と言えると思います。

 

白井田七は楽天でも買えますが、公式発売元である「さくらの森」で買うと、全額返金保証が付いてきます。

 

私が公式サイトで試したほうがいいと思う理由は、

白井田七の味がかなり苦いからです。

 

良薬口に苦しとはいいますが、決して飲みやすい味というわけでなないので、これをのみつづ蹴られるかどうか試したほうがいいと思うからです。

 

結局、体にいくらいいと言われても、続けないと意味がないからです。

 

でも田七人参は続ければ必ず良い変化が出てくると思います。

 

私は、田七人参だけは続けたいなと思っています。

 

 

乾燥対策毛穴対策

お肌の悩みの一番大きなところが開き毛穴です。子供の頃は肌はつるつるで肌の悩みは特にありませんでしたが、思春期になると肌荒れがよく出てくるようになり、今では毛穴の開きは切っても切れぬ悩みになってしまいました。私の肌は脂っぽい肌だと思っていました。特に夏場になると鼻の毛穴がすごく目立ってしまって、ファンデーションでかくすのもやっとなほどでした。それでも冬場になると毛穴が目立たなくなるので、夏は汗もかくし皮脂の量も増えるのでしかたないな、と半ばあきらめていました。毛穴を引き締めるような美容液などの化粧品を使った事もありましたが、少しましになったかな?という程度で毛穴が目立たなくなるほどの変化はありませんでした。それでもこれほど目立つのは夏場だけだし、と思っていたのですが、20代半ばあたりから気が付くと年中毛穴が目立っていることに気が付きました。30歳の今では冬でも普通に夏のように毛穴が目立っています。脂っぽい肌だと思っていたのですが、どうやら歳を重ねて乾燥もしてきたようでおそらく今は乾燥で冬も毛穴が目立っているのではないかと思います。それでも子育て中になってスキンケアに時間もお金も掛けられなくなってきて乾燥対策も、それによっておこっている毛穴の開きの対策も満足に出来ていません。開き毛穴がある自分の肌に慣れてしまっているのが怖いです。出来ることなら手軽にケアできて毛穴の開きとさよならしたいです。

ネットなどでは乾燥からくる毛穴の開きにはやはり保湿が大事ということが書いてありました。今色んなサイトを見て研究中です。乾燥からくる毛穴を劇的に改善した私が使った化粧水はコレでした。